NEWS

広島税理士のひとりごと『いつも見ていたヒロシマ-遠い府中、近い府中編』

2021/07/31 [SAT]
さて皆さん、うだる様な暑い夏が連日続きますが、
どのようにお過ごしでしょうか。
そうです『暑い時にはより暑く過ごす!』これに限りますね。
 
もちろん暑さ&日焼け対策は重要です。
防止かぶって、タオル巻いて、日焼け止め塗って・・・。
 
健康診断前の追い込みもかねて、
久々の近場探訪シリーズをやってきました。
今回で第4弾でしょうか。
 
過去作ではすべて市内でしたが、
今回はちょっとだけ飛び出してきました。
目的地は近い方の府中、府中町です(さすがに府中市は歩いて行けない)。
 
①広島駅からひたすら東へ
まず起点は広島駅から出発で、
西国街道でもある駅東側の開かずの踏切(愛宕踏切)を通過し、
新幹線の高架をどこまでも直進します。
 
 
この道は横に走るあけぼの通りが渋滞している時などに、
私も抜け道として使う場合がありますが、
信号がなくて車がびゅんびゅん通過していきます。
 
歩行者としては結構怖いなと感じるときもあるので、
次に運転するときには注意しておこうと感じました。
 
 
②イオンモール広島府中を越えて
そんなことを思いながらずんずん歩いていくと、
見えてきたのがキリンビール跡地に立つ、イオンモール広島府中が見えてきました。
 
ちなみに敷地内には蒸気機関車が設置されています。
こども文化科学館の横にあるのと違って乗ったりはできないようです。
なんでここにあるんだろう?特に広島を走っていたようでもないようですし。
 
もう既にここまでで汗だくだくで、
ビールを飲みながら、映画でも見たい気分ですが、
その誘惑に別れを告げて、さらに進んでいきましょう。
 
 
③目指すは遠くに見える山
イオンモール東側の浜ノ尻橋を渡っていくと、
目指す目的地がはるか遠くに見えます。
右写真の奥にそびえる山が今回のゴール。
 
この辺りは車でもあまり通ったことがないし、
ましてや歩いて回ったこともないので非常に新鮮です。
「市内では見かけないような作りの大豪邸が立ってんな」、
「このアパート、ほぼ償却終わってそうだし、大方入居してるからボロ儲けだな」、
などなど考えながら歩いていきます。
決してアヤシイものではござぁせん。
 
 
④辿り着いたは水分狭
そうこうしているうちに、
やっとのことでたどり着いたは水分狭。
水分と書いて「すいぶん」・・・ではありません。「みくまり」です。
 
広島にはあんまりBeach!という感じのところがない分、
貴重な水遊びの場として活躍しているところです。
 
 
奥の方には神社がありまして、
何やら由緒正しきところのようです。
 
その横には滝も流れており、
マイナスイオンを全身に浴びれる場所があります。
なかなかの迫力です。
 
ここまで迷ったり道草したりで締めて2時間弱、
なかなかの散歩道となりました。
 
最後に日本経済新聞に先ごろ掲載されていたミチクサ先生(伊集院静 作)より一文を
『いろんなところから登って、
滑り落ちるのもいれば、転んでしまうのもいる。
山に登るのはどこから登ってもいいのさ。
むしろ転んだり、汗を掻き掻き半ベソくらいした方が、
同じてっぺんに立っても、見える風景は格別なんだ。
ミチクサはおおいにすべしさ』
 
 
一応、道程をアバウトに。
 
 
 
広島総合税理士法人